ホーム|Home > 関連研究会情報等|Other events info > 研究会情報

研究会情報

このページでは、史学会に寄せられた、歴史学に関連する研究会や学会、講演会、展覧会などの情報をご案内しています。詳細は、それぞれの問い合わせ先にお尋ねください。
皆様からの積極的な情報提供をお待ちしています。

 

特集展示「お化け暦と略縁起-くらしのなかの文字文化-」 [2018.04.18掲載]

日時:

2018年4月24日(火)~10月28日(日)

場所:

国立歴史民俗博物館 総合展示第4展示室 副室

主催・共催:

国立歴史民俗博物館

趣旨説明、プログラムなど:

明治時代、これまでの太陰太陽暦(旧暦)が廃止され、新たに太陽暦が採用されたことにより生じた混乱を乗り越えるために、政府から認められない秘密出版で、旧暦を記載した暦が数多く送り出されました。秘密出版であるために、その責任のありかがぼかしてあったため「お化け」と呼ばれ、おおやけには認められなかった暦を取りあげ、そのバリエーションと生活の中での位置づけについて考えます。
また、寺社などの由来沿革を文字に記したもので、寺社に訪れる人に配布された一種のパンフレットである「略縁起」を軸に、人びとの歴史や文化の知識、さらには神仏などへの期待についての理解を深めます。

問い合わせ先:

03-5777-8600(ハローダイヤル)

その他の情報:

3~9月 9:30~17:00
10~2月 9:30~16:30
(最終入館は閉館の30分前まで)
毎週月曜日休館(祝日の場合は開館し、翌日休館)、ただし、5/1、8/13は開館
 

総合女性史学会 古代中世史例会 [2018.05.18掲載]

日時:

2018年6月2日(土)13時30分~16時30分

場所:

不忍通りふれあい館3階会議室(東京メトロ千代田線根津駅下車2分)

主催:

総合女性史学会

趣旨説明、プログラムなど:

島津毅氏 「古代中世の葬送と女性 ―その社会的関係を通して―」
概要:近年に至るまで女性史研究はさまざま角度から深められてきた。しかし、葬送と女性の関係についての研究は皆無に等しい。今報告では8~16世紀までの葬送と女性の関係を考えるが、この間を見通すとき、その関係は大きく2度変化していることに気づく。その背景には何があったのか。女性史研究の先学に学びながら、その社会的関係を通してそれを考察していきたい。

問い合わせ先:

jimukyoku■sogojoseishi.com(■を@に変えてください)

 

学習院大学史学会 [2018.05.18掲載]

日時:

2018年6月16日(土)

場所:

学習院大学目白キャンパス学習院創立百周年記念会館

主催:

学習院大学史学会(共催:学習院大学文学会)

趣旨説明、プログラムなど:

総会 9 : 30 ~10 : 50

研究報告 11 : 00~15 : 10
長島 澪 氏 (東京大学大学院博士後期課程)
「フランス革命期の外国人レギオン―その設立の過程を巡って―」
山田 大生 氏 (学習院大学大学院博士後期課程)
「田中王堂の思想史的研究―思想変化に関する一考察―」

植田 喜兵成智 氏 (学習院大学東洋文化研究所助教)
「武周・開元期の百済・高句麗遺民」

本木 洋帆 氏(学習院大学大学院博士前期課程修了)
「大臣大饗への親王参加からみた忠平期の再検討」

河野 敦史 氏 (中央大学政策文化総合研究所準研究員)
「ベク職の落札について―1863~1864(同治2~3)年のベク の任命を事例として―]

講演 15 : 30~17 : 45
千葉 功 氏 (学習院大学文学部史学科教授)
「南北朝正閏問題再考」

高山 博 氏 (東京大学大学院人文社会系研究科教授)
「中世シチリアにおける異文化の併存と対立~ヨーロッパ、イスラム、ビザンツ~」

懇親会 18 : 00~20 : 00

問い合わせ先:

学習院大学史学会大会実行 shigakukaitaikai■yahoo.co.jp(■を@に変えてください)

 

朝鮮史研究会関東部会2018年6月例会 [2018.06.01掲載]

日時:

2018年6月16日(土)13時30分~

場所:

専修大学神田校舎2号館209教室

主催:

朝鮮史研究会関東部会

趣旨説明、プログラムなど:

【報告】程永超氏 
通信使の筆談と大陸情報収集

【書評】橋谷弘氏
加藤圭木『植民地期朝鮮の地域変容:日本の大陸進出と咸鏡北道』吉川弘文館 2017

問い合わせ先:

chosenshi_east■yahoo.co.jp(■を@に変えてください)

その他の情報:

参加費は200円です。
例会への参加に関し、事前の連絡は不要です。
 

歴史学フォーラム2018報告者募集 [2018.2.5掲載]

日時:

2018年9月22日(土)

場所:

大阪市内

主催:

歴史学フォーラム2018実行委員会

趣旨説明、プログラムなど:

皆様方にご協力をいただいております「歴史学フォーラム」を、次回は2018年9月に開催する予定です。
つきましては、下記の要領で報告者の募集をいたします。
何卒よろしくお願い申し上げます。

             記
「歴史学フォーラム2018」報告者募集について
・開催日程:2018年9月22日(土曜)
・会場:大阪市内を予定
・報告内容:歴史学研究であれば、対象の時代・分野・地域(国)を問いません。日本史、外国史、あるいは国境を超えた研究、いずれも対象に含みます。
・報告時間:1本につき約50分間、質疑応答は別途時間を設定します。


◇応募要項

募集期限:2018年4月2日午前10時(必着)

提出:①報告仮題、要旨800字程度、参考文献リスト(3点まで、自身の論文を含む)書式自由(Wordないし一太郎ファイルをメール添付にて送付してください)
②応募者の連絡先(氏名・住所・電話番号・メールアドレス)

送付先:荒武 賢一朗 aratake■cneas.tohoku.ac.jp
          (■を@に変えてください)

(郵送の場合)〒980-8576 仙台市青葉区川内41
       東北大学東北アジア研究センター 荒武賢一朗 宛

 

その他、歴史学フォーラムについてのお問い合わせも上記にて承ります。

ご提出いただいた内容を実行委員会で審査の上、2018年4月下旬に採否のご連絡をいたします。

問い合わせ先:

荒武賢一朗 aratake■cneas.tohoku.ac.jp
木下光生 mitsuo_kinoshita■mvf.biglobe.ne.jp
※■を@に変えてください

 

第35回歴史地震研究会(大分大会) [2018.2.5掲載]

日時:

2018年9月22日(土)~9月25日(火)の4日間
(22日15時~(予定):公開講演会,23・24日:研究会・総会・懇親会,25日:巡検)

場所:

ホルトホール大分 3階 301・302・303会議室
大分県大分市金池南一丁目5番1号(JR大分駅 上野の森口 徒歩約2分)

主催:

歴史地震研究会

趣旨説明、プログラムなど:

歴史地震研究会は,上記の日程で第35回歴史地震研究会(大分大会)を開催することになりました.講演申し込みの締め切りは5 月31 日(木)です.
詳細は随時、研究会ホームページを通じてお知らせ致します.

http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/rzisin/menu7.html