ホーム|Home > 関連研究会情報等|Other events info > 研究会情報

研究会情報

このページでは、史学会に寄せられた、歴史学に関連する研究会や学会、講演会、展覧会などの情報をご案内しています。詳細は、それぞれの問い合わせ先にお尋ねください。
皆様からの積極的な情報提供をお待ちしています。

 

特集展示「お化け暦と略縁起-くらしのなかの文字文化-」 [2018.04.18掲載]

日時:

2018年4月24日(火)~10月28日(日)

場所:

国立歴史民俗博物館 総合展示第4展示室 副室

主催・共催:

国立歴史民俗博物館

趣旨説明、プログラムなど:

明治時代、これまでの太陰太陽暦(旧暦)が廃止され、新たに太陽暦が採用されたことにより生じた混乱を乗り越えるために、政府から認められない秘密出版で、旧暦を記載した暦が数多く送り出されました。秘密出版であるために、その責任のありかがぼかしてあったため「お化け」と呼ばれ、おおやけには認められなかった暦を取りあげ、そのバリエーションと生活の中での位置づけについて考えます。
また、寺社などの由来沿革を文字に記したもので、寺社に訪れる人に配布された一種のパンフレットである「略縁起」を軸に、人びとの歴史や文化の知識、さらには神仏などへの期待についての理解を深めます。

問い合わせ先:

03-5777-8600(ハローダイヤル)

その他の情報:

3~9月 9:30~17:00
10~2月 9:30~16:30
(最終入館は閉館の30分前まで)
毎週月曜日休館(祝日の場合は開館し、翌日休館)、ただし、5/1、8/13は開館
 

企画展示「ニッポンおみやげ博物誌」[2018.07.04掲載]

日時:

2018年7月10日(火)~9月17日(月・祝)

場所:

国立歴史民俗博物館 企面展示室A・B

主催:

国立歴史民俗博物館

趣旨説明、プログラムなど:

江戸時代から現代までの「おみやげ」を一堂に展示!

本展は、近世から近・現代にかけて展開してきた「おみやげ」という贈答文化とその背景となる旅と観光の様相を、主に国立歴史民俗博物館が所蔵する資料を通して紹介します。
国民すべてが一年に一度以上、旅行に行くとされる現代においては、おみやげの贈答もまた、日常的なやりとりの一つとなっています。本展では、おみやげが生まれる場所とその特質、おみやげと旅を経験する人々との関係、そして旅の果てにたどりつくおみやげの行方に注目していきます。
また「おみやげ」のコレクションを通して、日本人における人とモノと物語のつながりも問い直します。人はなぜ、おみやげを集めるのか、おみやげのコレクションからは、日本文化のどのような特質が見えてくるのか。本展では資料約1300点を展示し、さまざまな「おみやげ」の変遷や背景をたどります。

問い合わせ先:

ハローダイヤル
03-5777-8600(午前8時から午後10時まで)

その他の情報:

休館日
月曜(月曜が休日の場合は開館し、翌日を休館日とします。)ただし、8月13日は開館。
開館時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)※開館日・開館時間を変更する場合があります。
料金
一般830(560)円/高校生・大学生450(250)円/小・中学生無料
※(  )内は20名以上の団体料金です。
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※毎週土曜日は、高校生の入館が無料です。
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に入館が無料です。
公式サイト
http://www.rekihaku.ac.jp
 

くらしの植物苑特別企画「伝統の朝顔」[2018.07.04掲載]

日時:

2018年7月31日(火)~9月9日(日)

場所:

国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑

主催:

国立歴史民俗博物館

趣旨説明、プログラムなど:

朝顔は、奈良時代に中国大陸より薬として日本列島に伝えられました。江戸時代以降になると都市の園芸文化の隆盛のなかで、一つのブームとなるほど人々に親しまれる花になりました。さらに朝顔が突然変異を起こしやすいことから、葉と花の多様な変化や組み合わせを楽しむ変化朝顔が作り出され、富裕層の間でもてはやされるようになります。
本館では、この変化朝顔をくらしの植物苑で1999 年より展示してきました。
今年は、近代における変化朝顔の再興や大輪朝顔の人気沸騰に焦点をあてた2016 年開催の「近代の朝顔ブーム」に続く「続・近代の朝顔ブーム」をテーマとし、栽培家による版画を用いた『朝顔会報』の成り立ちとその特徴や、近代の交配・育種法の普及、朝顔を用いたメンデル遺伝の研究史について、それぞれパネルで紹介します。

問い合わせ先:

ハローダイヤル
03-5777-8600(午前8時から午後10時まで)

その他の情報:

●料金
個人(高校生以上) 100円
団体(20名以上) 50円
※小中学生は入苑無料です。
※毎週土曜日は高校生は入苑無料です。
●開苑時間
9時30分~16時30分 (入苑は16時00分まで)
休苑日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日休苑)
●出展鉢数
約100 系統、約700 鉢を展示
●公式サイト
http://www.rekihaku.ac.jp
●写真 (作品画像の転載、コピーは禁止)
青打込弱渦柳葉青采咲牡丹(あおうちこみじゃっかやなぎばあおさいざきぼたん)
 

室戸ユネスコ世界ジオパーク学術研究助成事業のお知らせ[2018.07.13掲載]

日時:

2018年8月15日(水)必着

主催:

室戸ジオパーク推進協議会

趣旨説明、プログラムなど:

室戸ユネスコ世界ジオパーク(室戸市内)を対象とした学術調査及び研究の推進、及びその成果の地域還元のため、下記のような研究を行う者に研究費の助成を行います。

(助成対象研究)
室戸ユネスコ世界ジオパーク(室戸市内)を対象とする自然科学、人文科学、社会科学、教育学に関する研究や自然・文化遺産の保護に関わる研究など、あらゆる研究を対象とする。

(助成対象者)
年齢、職業、所属は問わない。個人、団体いずれでも可能。
・平成31年3月中に実績報告書及び決算書を提出すること
・平成32年3月までに、研究成果を学会発表・論文のいずれかの形で公表すること

(助成金額)
1件あたり上限25万円(3件ほどを助成予定)

(応募締切)
平成30年8月15日(必着)郵送のみ。

(詳細URL)
http://www.muroto-geo.jp/news/11749/

問い合わせ先:

室戸ジオパーク推進協議会
〒781-7101 室戸市室戸岬町 1810-2 室戸世界ジオパークセンター
TEL:0887-22-5161
MAIL:info■muroto-geo.jp(■を@に変えてください)

 

飯田市地域史研究集会 [2018.07.23掲載]

日時:

2018年8月25日(土)・26日(日)

場所:

長野県飯田勤労者福祉センター(さんとぴあ飯田)(飯田市東栄町3108-1)

主催:

飯田市・飯田市教育委員会

趣旨説明、プログラムなど:

第16回飯田市地域史研究集会「山里社会の歴史とくらし」

 日本は国土の大半を山林で覆われています。近世には全国で63,000にも及ぶ村がありましたが、山間部村落(山里)はその中で大きな比重を占めていました。また、平野部の農業村落や城下町などの都市にとっても、山里は、建築用材や肥料・飼料、薪炭などの供給源として不可欠な存在でした。今回の研究集会では、こうした飯田・下伊那における山里社会が、近世から近代にかけて、どのように成り立っていたのかを考えます。
 第1部「山里社会 ―近世から近代へ―」では、近世から近代の山里社会を分析した研究報告をめぐって議論します。第2部「山里と向きあう」では、木沢と清内路という2つの地域を取り上げ、その歴史と現在を考えます。

内容:

《8月25日》第1部「山里社会 ―近世から近代へ―」
報告「清内路郵便局と山里社会」小島庸平(東京大学)
コメント 田中光(神戸大学)
報告「近世初期の城下町建設と伊那の材木」吉田ゆり子(東京外国語大学)
コメント 多和田雅保(横浜国立大学)
報告「17世紀の榑木役の変質 ―脇坂飯田藩の榑木米を中心に―」前澤健(高森町立高森北小学校)
コメント 羽田真也(飯田市歴史研究所)

《8月26日》第2部「山里に向きあう」
〈木沢地域をめぐって〉
報告「文化的中核としての木沢小学校」多和田真理子(國學院大學)
対談「木沢の歴史文化を未来につなぐ」松下規代志(木沢地区活性化推進協議会)、田嶋一(國學院大學名誉教授)
〈清内路地域をめぐって〉
報告「近世清内路の村運営」坂本廣徳(「清内路―歴史と文化」研究会)
報告「「清内路―歴史と文化」研究会の調査と出会って」原和信氏(清内路こども会)

詳細は下記のURLをご覧ください
https://www.city.iida.lg.jp/soshiki/39/kenkyushukai16.html

問い合わせ先:

飯田市歴史研究所

〒395-0803
長野県飯田市鼎下山538
TEL 0265-53-4670 FAX 0265-21-1173
E-mail iihr■city.iida.nagano.jp(■を@に変えてください)

 

平成31年度国立歴史民俗博物館共同研究公募[2018.08.15掲載]

日時:

2018年8月31日(金)必着

主催:

国立歴史民俗博物館

趣旨説明、プログラムなど:

国立歴史民俗博物館は、下記の研究課題に関する共同研究を公募しています。
(1)基幹研究Ⅰ
   近代日本社会の形成・展開についての学際的・国際的研究 1件
(2)基幹研究Ⅱ
   水と人間の日本列島史 2件
(3)基盤研究1(課題設定型)
   考古・歴史・民俗資料の研究資源化、高度情報化を主要な目的として実施する学際的研究 4件
(4)基盤研究2(館蔵資料型)
   本館が指定する収蔵資料に関連する共同研究 1件
(5)基盤研究3(歴博研究映像)
   日本の歴史と文化に関する映像の研究活用を主要な目的として行う共同研究 1件

(応募資格)
① 国内外の大学その他の研究機関に勤務する研究者(常勤、非常勤を問わない)
② ①と同等の研究能力を有する研究者(大学院生は除く)

(研究期間)
平成31年度より3年間

(計画書提出期限)
平成30年8月31日(金)必着(メール)

※申請手続き、研究経費等、詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.rekihaku.ac.jp/research/list/joint/public_ad/index.html

問い合わせ先:

〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117
大学共同利用機関 人間文化研究機構
国立歴史民俗博物館 管理部研究協力課研究教育係 共同研究公募担当者 宛
TEL 043-486-6473
FAX 043-486-6494
e-mail:kenkyo■ml.rekihaku.ac.jp(■を@に変えてください)

 

総合女性史学会 [2018.07.23掲載]

日時:

2018年9月1日(土)  午後1時半~4時半

場所:

大阪経法大学麻布台セミナーハウス
最寄駅 都営日比谷線神谷町
〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-5東京麻布台セミナーハウス
TEL:03-5545-7789

主催:

総合女性史学会

趣旨説明、プログラムなど:

報告者: 高良留美子
テーマ: 「日中・アジア太平洋戦争と高良とみ」
[概要]
高良とみ(1896~1992)は、満州事変に反対して上海で魯迅に会い、憂国の詩を与えられる。女性の生活改善を志し、1940年、大政翼賛会の唯一の婦人議員になる。結核の蔓延を訴えて婦人局の設置を提唱。1941年5月、情報局で日本軍がインドまで行くと聞き、軍の大東亜共栄圏構想に危機感を抱く。それ以後、人間と民族の平等を説きつづける。女性の地位向上には寄与したが生活改善の目的は軍に阻まれた。1920年代以来の平和主義も挫折したが、戦後に引き継がれた。

〈参考文献〉
 『非戦を生きる 高良とみ自伝』増補改訂版、ドメス出版、1998(初版ではなく)
『高良とみの生と著作』3~5巻、ドメス出版、2002
『世界的に のびやかに 写真集 高良とみの行動的生涯』ドメス出版、2003
図録『激動の時代を生きて 高良とみ』日本女子大学成瀬記念館、2014

問い合わせ先:

jimukyoku■sogojoseishi.com(■を@に変えてください)

その他の情報:

次回例会は、
近世史例会
日時 11月 18日(日) 午後1時30分~ 
報告者 具知會
詳細は逐次お知らせします。

今年度大会のお知らせ
日程:2019年3月24日(日)
会場:昭和女子大学(東京都世田谷区)
テーマ:「ケガレ観念の歴史的形成とジェンダー」
詳細は逐次お知らせいたします。

総合女性史学会
https://sites.google.com/a/sogojoseishi.com/zong-he-nue-xing-shi-xue-hui/

 

歴史学フォーラム2018[2018.08.15掲載]

日時:

2018年9月22日(土)13時00分~17時00分

場所:

大阪市立難波市民学習センター 第1研修室

主催・共催:

主催:歴史学フォーラム2018実行委員会
共催:海域アジア史研究会

趣旨説明、プログラムなど:

【歴史学フォーラム2018のご案内】
◇日時:2018年9月22日(土)13:00~17:00
◇会場:大阪市立難波市民学習センター 第1研修室
地下鉄御堂筋線・四つ橋線・千日前線「なんば」駅、近鉄・阪神「大阪難波」駅、南海「難波」駅下車、地下街・なんばウォークを西へ向かい、OCATビル4階へ
主要駅より徒歩約10~15分
http://osakademanabu.com/namba/

◇報告
鈴木開氏
「朝清関係再考―冊封関係と宗属関係―」
コメント:矢木毅氏


坂口満宏氏
「災害・移民・地域―福島県の事例を通して―」


◎資料代:500円
☆終了後、会場付近にて懇親会を開きます。

問い合わせ先:

歴史学フォーラム2018実行委員会 木下光生
mitsuo_kinoshita■mvf.biglobe.ne.jp(■を@に変えてください)

 

第35回歴史地震研究会(大分大会)[2018.07.04掲載]

日時:

2018年9月22日(土)~25日(火)

場所:

J:COM ホルトホール大分

主催:

歴史地震研究会・他(調整中)

趣旨説明、プログラムなど:

第35回歴史地震研究会(大分大会)のお知らせ(第3報)

歴史地震研究会では、2018年 9月 22日(土)から 25日(火)の 4日間にわたって、大分県大分市において第35回歴史地震研究会(大分大会)を開催いたします。

そのプログラムが公開されました。

皆様のご参加をお待ち申し上げております。

詳細は歴史地震研究会のホームページをご覧ください。
http://www.histeq.jp/menu7.html

問い合わせ先:

電子メールの場合:rekishi2018■ml.histeq.tokyo (■を@に置き換えてください。)
第35回歴史地震研究会行事委員会:松崎伸一(委員長)、日名子健二、 松浦律子、小松原琢、宍倉正展、 室谷智子
手紙・FAXの場合:〒760-8573 香川県高松市丸の内2-5
四国電力(株)土木建築部内 第35回歴史地震研究会行事委員会 松崎伸一
FAX番号 087-825-3177