ホーム|Home > 史学雑誌|Journal > 史学雑誌概要

史学雑誌|About

『史学雑誌』について

pic_cover2012-5.jpg

『史学雑誌』は、1889 年(明治22 年)の創刊以来、120 余年の歴史をもつ、日本で最も古い歴史学の学術雑誌です。

通常号(各編1~4、6~12 号)には、編集委員会による厳正な審査を経て採用された論考(論文、研究ノート、研究動向、史料紹介)や、コラム 歴史の風、書評、新刊紹介、文献目録などを掲載しています。
また、各編の5 号「歴史学界――回顧と展望」は、前年に日本の歴史学界において発表された研究成果や、海外で刊行された日本人の著作を、各地域、時代ごとに論評する特集号です。

主な内容

通常号(各編1~4、6~12 号)

・論文
コラム 歴史の風
・研究ノート
・研究動向
・史料紹介
・書評
・新刊紹介
・文献目録
・大会報告
・総目次

○○○○年の歴史学界――回顧と展望(各編5号)

このページのトップへ

バックナンバーを購入、閲覧なさりたい方は

雑誌の購入

山川出版社にご注文いただくか、最寄りの書店からお取り寄せください。その年に刊行された近刊の号でしたら、史学会事務局から直接ご購入なさることも可能です。

CiNii の利用 (2017年3月まで)

国立情報学研究所の論文情報ナビゲータCiNii にアクセスすると、バックナンバー(第85 編以降)の本文をweb 上で閲覧することができます。通常号(各編1~4 号、6~12 号)は刊行から2 年後、「回顧と展望」号(各編5 号)は刊行から5 年後に本文が掲載されます。
CiNii での閲覧は、有料制となっています。また、初めてCiNii を利用される際は、利用申請が必要となる場合があります。詳しくはCiNii のweb サイトでご確認ください。

図書館での閲覧

CiNii Books を利用して、全国の大学図書館での『史学雑誌』の所蔵状況を検索することができます。閲覧の可否、利用方法などは、各図書館に直接お問い合わせください。
また、国立国会図書館には創刊号以降ほぼ全号所蔵されているほか(第73 編まではマイクロ資料です)、全国の公立図書館でも所蔵している場合があります。各図書館のオンラインサービスを活用するなどして、お調べになってみてください。

編集委員 (2017 年 6 月現在 11 名)

秋葉  淳

千葉大学文学部准教授

池田 嘉郎

東京大学大学院人文社会系研究科准教授

大隅 清陽

山梨大学大学院教育学研究科教授

亀長 洋子

学習院大学文学部教授

小寺  敦

東京大学東洋文化研究所准教授

島田  誠

学習院大学文学部教授

島田 竜登

東京大学大学院人文社会系研究科准教授

高橋 典幸

東京大学大学院人文社会系研究科准教授

中村 元哉

津田塾大学学芸学部国際関係学科准教授

朴澤 直秀

日本大学法学部教授

松沢 裕作

慶應義塾大学経済学部准教授